人気ブログランキング |

茶道裏千家淡交会高岡支部志貴野青年部の伝言板


by chashikino
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

0425雪委員会報告

昨晩、雪委員会がおこなわれました。

7月のものづくりの内容を検討しました。8月の納涼茶会にも使える漆蒔絵のものづくりが最有力候補です。このあと、指導していただく講師を探し、講師のご都合を聞いて、日時や会場を決めていきます。

また、詳しい案内は、もう少し、いろいろなことが決まってからにします。

以前、古袱紗づくりをした時のように、今の青年部に在籍していた思い出の品として、会員全員の分を参加者みんなでつくる予定でいますので、できる限り参加してくださいね。

月委員会の茶花研修とともに、みんなに早く委員会行事の案内を、ブログにて告知したいなーと思っている部長からの報告でした。
by chashikino | 2007-04-26 10:37 | 委員会
「第35回裏千家ハワイセミナー」参加のご案内です。

茶の湯で広がる世界との交流に参加してみませんか。下記のとおり開催されますので、参加希望の方は、ご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鵬雲齋大宗匠が1972年にハワイ大学茶室「寂庵」を寄贈され、その贈呈式ツアーを第1回とする裏千家ハワイセミナーは毎夏宗家恒例行事として開催されて参りました。

今年、第35回を迎えるにあたり、特別行事を予定しております。

パールハーバー・アリゾナ記念館での献茶式が予定されているほか、国外で初めて茶道を正規講座としたハワイ大学では大宗匠はじめ現地の講師による講義に加え、日本から辻留・辻義一氏、末富・山口富蔵氏を特別講師に迎えます。またハワイ大学茶道部・ハワイ協会との交歓茶会、昼食会、大宗匠主催晩餐会など多彩な行事が予定されています。(以下省略)

【コース】
①6日間コース :H19年7月18(水)~7月23日(月)
②10日間コース:H19年7月18(水)~7月27日(金)
【募集人数】   100名(定員になり次第〆切)
【参加資格者】  裏千家茶道を学ぶ方およびご家族・ご友人
【申込期限】   6月16日(土)必着
【申込方法】   専用用紙に記入して期日までに郵送
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハワイでバカンス、そして、国際交流。有意義な時間だなー。憧れだけの部長より。
by chashikino | 2007-04-24 16:50 | 対外
いみず野青年部の春の茶会にいってきました。

待合には、いみず野青年部の活動が、パネルで展示してあり、いつも支援いただいているお茶会参加者への報告がしっかりおこなわれています。

会記も貼り出されていました。
a0099459_11173626.jpg

a0099459_11175851.jpg


More ちょっと詳しく
by chashikino | 2007-04-22 12:24 | 対外

0420宗家研修

明日、北陸信越ブロックの宗家研修があり、志貴野青年部からは、3名参加しております。

裏千家茶道を学ぶ者にとっては、宗家は聖地であり、全国そして世界に多くの裏千家入門者がいつでも気軽に入れるところではありません。様々な裏千家の行事の合間に、少人数づつ拝観しますので、人数的に無理なのです。

400年以上の歴史をそのまま残した建物は、茶道を学ぶ者にとっては、教科書のようなものです。その建物に入れるのは、選ばれた方しか入れませんが、宗家では、青年部を優遇しています。ちゃんと手続きすれば、青年部にいる間に、こんな機会が幾度となくあります。

茶道、そして日本文化を深く知りたい方は、是非、青年部活動に参加して、貴重な機会に触れてみませんか。(建物の写真は、裏千家のホームページから見てください。)
by chashikino | 2007-04-19 14:12 | 対外

0425雪委員会

華やかに咲いていた桜も散り始め、名残惜しい今日この頃ですが、皆様お元気でしょうか? 雪委員会を開催致します。

日時 4月25日(水)19時半より 
場所 ***の森****館2F研修室

議題 もの作りについて

雪委員会では、7月頃にもの作りを予定しています。委員会当日ご都合の悪い方は、ご意見だけでも頂ければ参考にしたいと思いますので、よろしくお願い致します。

みなさーん、手作りしたいものありましたら、どんどん言ってくださいね。
a0099459_10514650.jpg

参考作品  部長作の茶杓です。
by chashikino | 2007-04-17 13:23 | 委員会

0415歓迎会報告

昨日、実質はじめての行事となる歓迎会と研修会をおこなってきました。
会場は、富山市にあるリバーリトリート雅樂倶です。玄関前の桜が少し残っています。
a0099459_955924.jpg

歓迎会場は、ダム湖の見える大広間でした。
a0099459_971637.jpg

まずは、別室の立礼席で2グループ交代にて呈茶をいただきました。
a0099459_985064.jpg

お菓子は、各席違いまして、私の席では、夜桜でした。製、小鍛冶
a0099459_91182.jpg

床には、三輪休雪さんの軸、中村卓夫さんの香合、窓際の大きな水盤にシャガ一輪でした。
a0099459_9131366.jpg

抹茶をいただいた後、水屋やもうひとつの茶席、又隠写しの無私庵も拝観させていただきました。そのあと、懐石の研修も兼ねた歓迎会をフレンチ懐石でおこないました。

More 歓迎会の料理
by chashikino | 2007-04-16 09:20 | 志貴野

0411花委員会の報告

a0099459_10291385.jpg

昨晩、花委員会をおこないました。

8月5日の納涼茶会でのお点前および所要時間の確認をおこないました。この時間をもとに、昨年の来場者数を考慮して、お茶会開催時間を決めました。また、茶会券の料金も決めました。詳しくは、後日、公に発表になってからとさせてください。

ここまで決まれば、設らいや茶道具、それから茶券の製作などになります。

次回、委員会では、いろいろなイメージを皆でディスカッションしながら、できることを手分けしたいと思っています。次回もたくさんの参加お待ちしておりまーす。

昨晩の委員会は、お点前もあったので、皆の議論すごく盛り上がりました。やっぱり、お茶好きな仲間の集まりであることを、再認識した部長でした。
by chashikino | 2007-04-12 10:44 | 委員会

茶会回想003

2005年の夏におこなった納涼茶会です。
a0099459_11193344.jpg

会場は、ウイングウイング高岡の1階ホールです。青竹で点前棚をつくり、脚には丸いガラスの水槽を設け、熱帯魚が泳いでいます。

床の間は、金属材を立てて、この日のために家元から頂戴した空門風自涼の短冊とちょっと挑戦的に水中花を活けてみました。茶道具も夏をイメージする爽やかな道具です。水指は、氷塊をくりぬいて、竹の簾をふたに使いました。氷の表情は見ていて飽きませんでした。

七夕まつりでにぎわう街角に、清涼感あるお席でおもてなしができました。

More ちょっと詳しく
by chashikino | 2007-04-07 09:21 | 志貴野

志貴野青年部

志貴野青年部の紹介をします。

石川県の隣、富山県の西部に位置する高岡市を中心とした呉西地区が、淡交会高岡支部の区域です。この地域は、もともと加賀藩であり、茶道に親しむ多くの人がいます。そのため、青年部は現在、3つあります。

高岡、氷見地区の志貴野青年部、射水(新湊、小杉近辺)地区のいみず野青年部、砺波(砺波、五箇山近辺)地区のとなみ野青年部です。

高岡は、加賀藩の時代から、藩の保護を受け、銅器や漆器など多くの工芸品をつくってきました。一国一城の政策でお城はなくなりましたが、加賀藩の菩提寺でもある瑞龍寺は、近年国宝にも指定されました。また、万葉集で有名な大伴家持が、越中国府に赴任して、氷見を中心に多くの歌を詠んでいます。
a0099459_10482084.jpg

そんな、風光明媚(写真は、氷見海岸からの海越し立山連峰です。)で、文化の薫りのするところに志貴野青年部があります。ここで活動している会員は、現在39名です。

この伝統の恩恵を受けながら、志貴野青年部は、茶道に関するいろいろな活動をおこなっています。また、これからも良き伝統を、若き人に伝えていけるよう、皆で知識を高めあっていきたいと思います。

とは、言ったものの、茶道は、いろいろな日本文化に通じ、学ぶものがたくさんありすぎて、困ってしまいます。しかし、新しいことを覚える感動や喜びの気持ちを持って、青年部活動を楽しんでいきたいです。

More 組織概要
by chashikino | 2007-04-07 09:19 | その他

茶会回想002

夜噺の茶事です。
a0099459_15323685.jpg

いろいろな茶事がありますが、なかなか体験できない夜噺の茶事を青年部の委員会茶事としておこないました。みんなで勉強ということで、細かく役割分担を決め、自分の役に集中します。

夜噺の茶事は、手燭等の火だけを灯りにし、人影が茶室内の壁や建具に揺らめく幽玄なお茶事です。

青年部では、今後も、いろいろな珍しいお茶事をみんなで体験したいと思っております。
by chashikino | 2007-04-06 09:02 | 志貴野